ストーリー

  • 第一話 血頭の丹兵衛
  • 第二話 本所・桜屋敷
  • 第三話 暗剣白梅香
  • 第四話 血闘
  • 第五話 谷中・いろは茶屋
  • 第六話 盗法秘伝
  • 第七話 瓶割り小僧
  • 第八話 大川の隠居
  • 第九話 わかれ道
  • 第十話 泥鰌の和助始末
  • 第十一話 むかしの男
  • 第十二話 あきれた奴
  • 第十三話 狐火

第一話 血頭の丹兵衛

「血頭の丹兵衛」率いる盗賊たちが非道な手口で盗みを繰り返していた。
そんなある日、平蔵は、牢にいる粂八から意外な話を聞く。「その丹兵衛は偽者だ」。
粂八はかつて丹兵衛に仕えたことがあり、「殺さず、犯さず、金が有り余るところからしか盗まず」という(まこと)盗人(ぬすっと)三箇条(さんかじょう)>を守ってきた正真正銘の親分だという。平蔵は、「偽者の化けの皮をひんむいてやる」という粂八を信用し、丹兵衛を探させることにしたのだったが……。

第二話 本所・桜屋敷

平蔵は、懐かしの土地・本所にある服部角之助(はっとりかくのすけ)宅で度々騒ぎが起きていることを知る。早速偵察に出向くと、かつて共に剣術を学んだ岸井左馬之助(きしいさまのすけ)と会い、荒れていた若い頃の仲間、彦十(ひこじゅう)とも再会。彦十から、悪御家人・角之助が湯島横町の呉服屋「近江屋」への盗みを企んでいると聞いた平蔵は、すぐに屋敷を取り囲み一味を捕える。すると、そこに平蔵と左馬之助の初恋の人「おふさ」の姿があった。

第三話 暗剣白梅香

ある晩。平蔵は、曲者に突如襲われた。手掛かりは妖しげな残り香だけ。男は、父の仇を討つために森為之介という元・大洲藩士を探しながら、金で人斬りを請け負う金子半四郎という者だった。平蔵殺しの依頼を成功させれば金になる。それを最後に人斬り仕事から足を洗い、心を通わせるようになっていた下女おさきと共に逃げ、知らない土地でまともな暮らしをしようと決意していた。「今度こそ、斬る」 船宿を訪れた平蔵に斬りかかった半四郎だったが……。